トイレがつまる理由について

トイレのつまりの問題は業者へ依頼しよう!



トイレつまりの原因

トイレのつまりの原因の多くは、トイレットペーパーの流しすぎによるものです。あるいは、排水管のS字箇所で排泄物が引っかかったところに、大量にトイレットペーパーが流れ込みふさいでしまうということもあるそうです。また、本来トイレに流してはいけない物を流した場合にもトイレのつまりの原因になります。例えば、ティッシュペーパーや水に溶けないタイプの赤ちゃん用のお尻拭き等が挙げられます。

少しならいいだろうという気持ちで流してしまう方もおられるかもしれませんが、トイレットペーパーに比べて厚手でしかも溶けないペーパーはつまりの原因になりやすく、十分に注意する必要があります。また、流しても大丈夫とされている便座クリーナーやお尻拭きだとしても、沢山流せばつまる可能性は高くなりますので、できるだけ別に捨てるか、少量ずつ流すように心がけましょう。トイレは紙なら何でも流しても良いゴミ箱という訳ではないという認識をするようにしてください。

築年数の古い家の場合は、長い間使用していることで、少しずつ配管がつまって流れなくなることがあります。このような頑固な汚れによるつまりになると、簡単には解消しませんので、やはり専門業者に依頼するようにしましょう。

 

業者に依頼して即解決

トイレつまりの時は業者へ依頼しよう
画像出典元
トイレつまり業者依頼|水道救急センター

トイレのつまりは簡単に解消できるように見えて、できないケースも多く発生していますので、スッポンやお湯でも解消されない場合は、すぐに専門業者に相談するようにしてください。早い段階で依頼すればプロなら簡単に直すことができますし、その分費用が安く済むことになります。自分で直そうと意地になった結果、逆に便器を取り外す必要が出て、より費用がかかってしまったというケースもあります。トイレは皆で使う場所ですので、早く解消することが大切になります。時間をかけず、確実に解消する為には、やはりプロである専門業者を利用することが最善策と言えるでしょう。

ご家庭のトイレだけではなく、飲食店やオフィス等のトイレのつまりの場合は、不特定多数の人が利用することになり、その原因も特定できないことも多い為、簡単に解消しないケースがあります。トイレが使えないと仕事や営業に差し支える可能性もありますので、すぐに業者に見てもらうようにしましょう。無料見積をしてもらえるところがほとんどですので、まずは連絡をしてみてください。格安業者も沢山ありますが、出張費の有無や、見積後の追加料金が発生するかしないか等、依頼する前に必ず確認するようにしましょう。

トイレのつまり解消法

キッチン、洗面台、お風呂、トイレ等の水回りのトラブルの中で、最も多発するトラブルがトイレのつまりです。トイレのつまりが発生した場合には、通常、「スッポン」と呼ばれる棒の先にゴム製の半球状カップが付いている、排水等のつまりを直す為の用具を使用される方がほとんどです。軽いつまりであればスッポンを使用することであっという間に解決しますが、スッポン以外にも、高いところからバケツいっぱいの水を勢い良く流す方法や、お湯に重曹を溶かしたものを便器内に一定時間溜めて置いておくという方法もあります。

本来流してはいけない物を流してしまった場合や落としてしまってつまった場合には、水を勢いよく流す方法は有効ですが、つまりが解消されない時には水が溢れ出る可能性がありますので、その可能性をふまえて新聞紙をひいておくなり対策をしておくようにしましょう。また、お湯やお湯に重曹を溶かして解消する方法は、トイレットペーパーや排泄物のつまりの場合に有効です。時間をかけて溶かすことができれば、つまりが崩れて流れ出すことがありますので、スッポンが効かないようであれば試してみる価値があります。

これらの解消法を試しても改善されない場合は、やはり水回りのプロである専門業者に相談するようにしましょう。費用をかけたくない気持ちも分かりますが、トイレのつまりでも状態が悪化して、大きな工事が必要にならないとも限りません。自力では無理と判断したら、すぐに無料見積されることをお勧めします。